建築の求人に応募する場合の注意点

建築に関する仕事の求人は、職種がとても多く幅広いのが特徴です。建築士・設計士・大工・施工管理など専門性の高い技術職が多いので、その全容は分かり難いです。なんとなく、就職活動を始めてしまうと、気になる仕事を見落としがちです。そこで、ここでは、建築に関する仕事について、求人情報の入手方法などをご説明致します。経験の有無や資格の必要性、注意点などもお伝えしますので、参考にして自分に合う仕事を見つけて下さい。まず、建築に関する求人を探す前段階の準備として、どんなジャンルの仕事や就職先が載っているのかを把握が大切です。現在、建築業界は災害復興や東京オリンピックのために需要が爆発的に増えており、求人が増加傾向にあります。しかし、オリンピックの後は、需要が落ち込み、少子化の影響で国内市場は縮小していくことが予想されます。仕事によっては、将来性も考慮して求人を探すことをお勧めします。

求人情報の見比べる時のポイント

建築に関する求人に際し、どんな職種があるかを押さえたら、いよいよ求人を始めます。建築業界の求人は、様々な大手求人サイトを利用するのが一般的ですが、建築業界に特化した求人サイトも並行して利用するのが良いです。そうすれば、幅広い企業や職種と出会う確率が高くなります。まずは、色々な求人情報を比較、検討してみることが重要です。建築関係の求人を見比べると、企業によって給与や福利厚生などの対応が様々です。忙しさも企業や職種によって全く違いますので、求人に応募する時は、しっかりとした情報収集が必要です。これだけ対応に差が出るのは、建築業界は発注者と直接契約する元請け業者、その下請けと様々な立場の企業が関わっていることが原因です。下請けになればなるほど労働環境や待遇の悪さに繋がり、上位層の大手建設会社などは、給与も高く、休日も多く、待遇が良いので、良く確認しておくことが大切です。

建築関係の求人の応募要件について

建築業界は、他の業界と比べて経歴や学歴、求められる資格など、条件が多い傾向にあります。しかし、求人や職種によっては、未経験歓迎や女性の積極的採用などイメージと違った戦略を取っている企業もあります。例えば、CADやCG制作、施工管理などは、未経験でもOKという求人が多いです。しかし、未経験で入社しても、入社後はプロの技術者として、しっかり学び、技術を吸収していかなければなりません。特に、未経験歓迎と謳っている企業は、人手が足りない場合が多く、早い段階で実務を任せられることもあるかもしれません。また、業務を通して技術を身に付けていく中で、資格を取得できると、次の転職に役に立ちます。特に、建築・土木業界で役に立つ資格は、技術士や一級建築士、一級施工管理技士などが有名です。長い目で見て、自分に合った職種を選び、良い求人先を見つけて下さい。